身体運動は脳を助ける

身体運動、特にランニングは、神経系にも影響を及ぼして、新しいニューロンの生産を促進する。

ランニングが新しい神経幹細胞の生産を促して、脳の老化を遅らせ、記憶力のパフォーマンスを向上させることも証明している。

有酸素運動が老化のプロセスを阻止して、海馬の中での新しい神経幹細胞の大量生産を促し、記憶能力を増大させることを確かめました。

 

ランニングは脳の老化を防ぐ!?:研究結果 « WIRED.jp