o2o技術の基礎

o2oの4パターン

スマートフォンの登場がo2oに注目させた

オンラインtoオンライン

デジタルな世界で完結する。

 

オフラインtoオフライン

定量的な効果測定が難しい。

 

オフラインtoオンライン

影響力の強いオフラインチャネルで集客し、オンライン上でエンドユーザーの行動を誘発させ、定量的なデータにできる。

 

オンラインtoオフライン

効果測定しやすいオンラインでチャネルを構築し、ユーザーとの接点が強いオフラインでコンバージョンを行うパターン

 

 

Androidで使えるO2O技術まとめ解説(1):スマホ技術者も知らないと損する「O2O」の基礎知識 (1/5) – @IT

音波でチェックイン

人間には聞こえない音波を使って、来店したかどうかを判別できるチェックイン機能が本格的に動き出し用だ。

音波が壁を通り抜けることができないないことを活用し、隣接エリアへの誤チェックインを防止できる。

これとスマホアプリを組み合わせて、来店客だけにクーポンを発行して販促につなげる(いわゆるO2Oマーケティング)こともできる。

NTTドコモは、音波チェックイン「Air Stamp」提供。

 

ITmedia News スマート – 「JR東日本アプリ」山手線情報サービスのミソは「音波」 ドコモの音波チェックイン「Air Stamp」採用