カードUIとコンテンツのパッケージング

カードUIとコンテンツのパッケージング : could

『ページ』としてではなく、『小さなパッケージ』にして利用者に配信することが主流になりつつある

利用者にとって理解しやすい(ページに代わる)メタファが必要とされている

カード UI は情報をコンパクトにパッケージングできるだけでなく、マルチデバイスの対応もしやすいところも魅力

 

ウェブの未来を担う次のUIデザインは「カード」にあり – GIGAZINE

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の登場は、ウェブのデザインを大きく変えた。

 

変わる検索アルゴリズム

アルゴリズムによるセグメント

複数のソースのデータをひとつにまとめ、ツール内でセグメンテーションを作成し、広告配信システムにそのセグメンテーションを送り込み、ターゲティング広告を実現するための管理プラットフォーム

 

一歩進んだセグメンテーションの考え方:アルゴリズムによるセグメントと「Adobe AudienceManager」 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

無視される広告

コンテンツの3要素は、Engagement(関わり合いを持つこと)、Provide Value(価値を提供すること)、Telling(ストーリーを伝えること)

ネイティブ広告とは、いわゆる流行語にもなっているが、コンテンツと同じ文脈で統合されている広告のこと

 

 

無視される広告「消費者に受け入れられる次世代広告の秘訣はブランデッド・コンテンツにあり」 (1/3):MarkeZine(マーケジン)