不動産過熱の兆し

2013年、国内の不動産市場で最大の買い手になった不動産投資信託(REIT)。

今年は前年同期の半分近くにとどまる。

その意味するものとは。

不動産市況の持ち直しが鮮明になるにつれて、物件の所有側の間にはさらに保有を続け、より高値で売りたいとの動きが広がった。

REITが示す不動産過熱の兆し:日経ビジネスオンライン

 

Wi-Fi家電で快適住環境

新築マンションでの人感センサー設置はもはや当たり前の時代らしい。

出先からスマホでWi-Fi家電を監視・操作の時代が来る。

省エネも人がこまめに気を配るより、自動化したほうが効果が大きい。

 

記者の眼 – Wi-Fi家電で我が家もプチ電脳住宅:ITpro