50万円でパワードスーツが買えるようになる

対応できる重量は100キログラム(kg)未満。

パナソニックがつくる、量産型のパワードスーツ。

ターゲットは、「人間がやった方がいい作業をアシストできる」市場。

介護、あるい危険な場所でのきめ細かい動作や判断力、専門知識が要求されるところ。

来年には50万円でパワードスーツが買えるようになります:日経ビジネスオンライン

グーグルがロボットを作る狙い

人材集めが目的らしいが。どうだろう。

それから、

「自分でロボットを作って新しい産業をまるまる作ってしまう」

また、ロボット産業は、

センサー、解析/思考、移動/歩行、アーム動作

など、幅広い技術の裾野がある。

これも、Googleにとっては魅力なのだろう。

Androidの生みの親、アンディ・ルービンが今度は本物のロボットを作る。

オープンソースのOSで動くロボットを。

ロボットベンチャー買収でグーグルが目指す「賢い世界」の姿:日経ビジネスオンライン