o2o技術の基礎

o2oの4パターン

スマートフォンの登場がo2oに注目させた

オンラインtoオンライン

デジタルな世界で完結する。

 

オフラインtoオフライン

定量的な効果測定が難しい。

 

オフラインtoオンライン

影響力の強いオフラインチャネルで集客し、オンライン上でエンドユーザーの行動を誘発させ、定量的なデータにできる。

 

オンラインtoオフライン

効果測定しやすいオンラインでチャネルを構築し、ユーザーとの接点が強いオフラインでコンバージョンを行うパターン

 

 

Androidで使えるO2O技術まとめ解説(1):スマホ技術者も知らないと損する「O2O」の基礎知識 (1/5) – @IT

Wi-Fi家電で快適住環境

新築マンションでの人感センサー設置はもはや当たり前の時代らしい。

出先からスマホでWi-Fi家電を監視・操作の時代が来る。

省エネも人がこまめに気を配るより、自動化したほうが効果が大きい。

 

記者の眼 – Wi-Fi家電で我が家もプチ電脳住宅:ITpro

スマホの最大の不満 ”料金”

スマホに魅力を感じるけど、「高くなるから」、スマホに移行しないフィーチャーフォン(ガラケー)利用者もいる。

だから、スマホの普及率も今ひとつ伸びなくなっている。

今の料金だと、いずれ消費者にそっぽを向かれるのではないだろうか。

キャリア(携帯電話事業者)の利益は異常。

スマホの料金、払い過ぎていませんか?:日経ビジネスオンライン

国内向け正式サービス開始 「あなたのプライベートドライバー」スマホからハイヤー頼める「Uber」

配車サービスを利用するには専用のスマホアプリでハイヤー(高級車を使ったタクシー)が呼べる。

GPSでユーザーの場所を確認。

ドアの開け閉めも機械式ではなく、ドライバーがやるらしい。

そこは手動なんだ。

ハイヤーですからね。

レシートを印刷することも可能で、経費処理も便利なようだが、そこはデジタル化したいところ。

料金は、タクシーの2~3割増のようだ。

運転手も選べる。

 

ITmedia News スマート – スマホからハイヤー頼める「Uber」、国内向け正式サービス開始

2020年、ICTを襲う4大変革 – [ソーシャルパワー]ユーザー同士のつながりが価値を生みプロを超える:ITpro